2017年9月21日木曜日

スズメバチシーズン

スズメバチシーズンの真っ最中だ。

この時期になると毎年のように、遠足に出かけた生徒さんやら先生やらがスズメバチに襲われたという、痛いニュースに接する。こと生命にかかわる話であり、けっして侮れないキケンなハチ達である。

人間にとっても生命を脅かす厄介な存在だが、ミツバチたちにとってはより深刻で忌避したい存在である。スズメバチはミツバチの巣箱出入り口でハチが出てくる・帰ってくるのを待ちかまえて捕食する。ある意味、効率的で賢い狩猟法である。
あまりにひどいスズメバチ攻撃が続くと「ここは危険な場所。営巣には不適格」として、ミツバチはいとも簡単に巣を放棄してサッと逃去してしまう。われわれが次の日に巣箱が空っぽなのを見てガッカリしてため息・・というのがお決まりのパターン。

取りうる対策として、スズメバチトラップを仕掛る、ネズミ取り粘着シートを取り付ける、巣箱入り口に金網を張り侵入を防ぐ、といくつも並行して施しているが、突然の逃去は毎年のように繰り広げられる悲しきドラマである。今年も既に2箱がスズメバ被害にあい逃げ去っている。だからといって四六時中巣箱を監視して厄介者を追い払ったり、巣箱全体を金網で覆うようなことも現実的ではなく、いわばお手上げ状態である。
  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆
先日、常陸太田市金砂郷地区に置いてある巣箱の定例巡回の折に、そこのジイちゃんからはじめて『おぢゃでものんでぎな』(※)との誘いがあった。
縁側で茶を飲みながら、しばし語らいの時間を持ち、いろいろな話を伺った。

「お茶を飲んでいきなさい」というお誘いの意。
  「おぢゃ」はお茶のこと、「
のんでぎな」は「飲んで行きな(さい)」が訛ったもの。
  このフレーズは、額面通りの社交辞令としてのお茶のお誘いの意味だけではなく、
  喫茶を共にする仲間としてお前に接してあげよう、認めてやろうという意味合いがある。
  つまり、背景が良くわからないよそ者であるお前(=小生)ではあるのだが、
  まあ出入りくらいは認めてやろうじゃないかということ。

  ちょっとだけお近づきになれた証である。田舎コミュニティーへ参加の第一歩とも言える。
  この第一のハードルを超えるといろいろ情報が入るようになり活動がし易くなる。


大正15年生まれの91歳であること。召集されて海軍に入ったこと。下っ端の兵隊はビンタばかりの毎日だったこと。戦地に向かう予定の前々日に終戦になったこと。復員後は農業に励み、一男一女を懸命に育てたこと。バアちゃんを去年亡くして今は一人暮らしをしていること(娘は嫁ぎ、息子夫婦は水戸に居を構えていて戻って来るつもりはないとのことだ)。体はどこも悪くなく、目も耳も頭も大丈夫であること。心身ともに健康でいられるのは自然に逆らわずに生活する・無理はしないことなのだそうだ。百姓は生き甲斐だと言い切る元気爺さん。我が亡き両親とほぼ同じ世代の方なので、頷きながらきながら話に聞き入った。

ふと見上げると、縁側正面にあるアマヤ(納屋)の梁の下に大きな茶色いボールが2つもあるのが目に入った。直径30センチはあろうかというスズメバチの巣だ。一方の巣は今年のものらしく盛んにスズメバチが出入りしている。ジイちゃんに聞くと「去年はひとっつだったがら、新しぐ今年つぐったんだっぺ(作ったのだろう)。あんてに高いとにあんだし(あんなに高いところにあるのだし)襲ってくっごどもあんめがら(襲ってくることもないだろうから)、このままでかまめ(構わないだろう)」と言う。

この敷地内のミツバチ巣箱に数多く群がるスズメバチは、この巣から飛来していると考えてよさそうだ。
右 : 去年のものでスズメバチの出入はない
左 : 今年のもので盛んに出入りがある

ミツバチを飼っている立場からすればスズメバチの巣の撤去・駆除を是非お願いしたいところだが、ジイちゃんの話では駆除には3000円掛かるという。回覧板(市の広報誌)に書いてあったという。市のホームページで確かめるとその通りだった(爺ちゃんの記憶力・・・すごい!!)。
  (⇒ 常陸太田市HP 「ススメバチの巣の駆除について」)

当方の都合で、無理を言って巣箱を屋敷内に置かせてもらっている。ジイちゃんに余計な出費をさせてまで駆除依頼などできるものではない。話をうやむやに誤魔化して茶飲みを終えた。

いろいろな地域・いろいろな方たちと交流を拡大してゆくと、こういったことが出てくる。あくまで当方が部外者で、地元の方の生活パターンを乱すようなことがあってはならない。地元ファーストである。部外者が立ち入りることで起こる不要なトラブルは極力避ける、大事なことだ。

2017年9月18日月曜日

栗・ポポー 落ち始め

台風18号が通過して、ギラギラした夏のような太陽が照り付けている。
とはいえ彼岸も近い9月中旬。季節は確実に秋である。
※ ※ ※ ※
栗が例年通り落果しはじめ、まずまずの収穫ができている。
毎日の栗拾いは大変。だが、栗はおすそ分け先からは喜んでもらえるのでやりがいはある。

少し早いがポポーの実も落ち始めた。
樹には、小振りだがたくさんの実が付いているので今年も豊作だ。
ポポーの実は短期間のうちに一気に落果するし、足が速いので処理に困るシロモノだ。好き嫌いがはっきり分かれる果実で、引き取り手がなかなかない。
さて、今年はどうしたものか。



豊饒な里の秋の、贅沢な悩みである。

2017年9月12日火曜日

夕焼け空はお浄土である

今日の夕焼けはみごとだった。
NHKラジオの大相撲中継で結びの一番(日馬富士が琴奨菊に負けた一番)を聞きながら車で走っていた時分であるから、午後6時少し前だった。
西の空に絵画のような朱色に輝く雲が広がった。思わず車を停めて見入ってしまった。
2017/9/12の夕焼け (山方地区にて)
◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇
このような夕焼けを見ると思い出す短歌がある。
いつどこで見て知ったものかも、誰が詠んだものかも覚えていないのだが、琴線に触れたのだろう、妙に記憶している。
ただ語句も正確かどうか自信はない、そんな程度でしかないのだが。
  極楽におわす 父母 ふと想う 
     夕焼けの空  飽かず眺むる    (読み人知らず)

光景はきわめて絵画的であろう。まさに今日の西の空だ。
なんだか亡き父母を慕う気持ちがしみんみりと伝わってくる。
西の空を真っ赤な夕焼けが染め上げたとき、たいていこの句を思い出し、心の中で呟いている。今日一日無事に過ごせましたと感謝しつつ。

亡き父母たちは西方にあるという「極楽浄土」にいて、子や孫を見守ってくれている。そのお陰で日々平穏無事に過ごせている。そこに自然と感謝の念が湧くものだ。だが、目先の雑事に感けて、なにか誤魔化しつつ生活してしまっていることの多いわが身。盆と彼岸、命日の時ぐらいだろう、積極的に思い出すのは。それとて多分に後ろめたく、懺悔しつつではあるが。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

感動するような夕焼けを見上げたときには、手を合わせずとも亡き父母の顔を、声を、思い出したらよい。父母はきっと喜ぶ。それ以上に、自分のココロが鎮まり穏やかになる。オカルト的だが亡き人の「魂」や「念」、「思い」は存在するのである。われわれが亡き人を偲ぶとき、必ず亡き人とはテレパシーでつながっている。現世を生きる我々側のセンサーが鈍感になっているだけだ。
目に見えないものは信じられないという思考は傲慢で寂しい。歳を重ねるにしたがってそう考えた方が合理的であると思うようになった。不思議なものだ。

そういえば、秋の彼岸がもうすぐだ。

2017年8月19日土曜日

Blueberry Confiture

ブルーベリーが収穫時期だ。
我が家にあるのは大小20本ほどのブルーベリーだが、それでも一気に大量に熟し始まるので収穫が追い付かず、多くはそのまま放置となるのが例年のパターンだ。
収穫して冷凍保存もしているがキャパシティにも限界があるので、毎年シーズン後半にはもういいやぁ・・となってしまっている。
いろいろな方に声掛けし来ていただいて摘んでもらってはいるのだが、それでも到底採りきれない。もったいないとは思うがこれ以上はどうしようもない。
 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
この大量にとれるブルーベリーと、我が家で今年採れたはちみつを使い「ブルーベリーコンフィチュール」を作ってみた。参考にしたのは昨年手に入れた次のレシピ本。
 低カロリーで栄養豊富 季節の果物を使ってつくる 蜂蜜コンフィチュール
(磯部由美香著 誠文堂新光社)


今回は生ブルーベリー2000gに対しはちみつ250gを投入。はちみつ比率12.5%。
ジャムのように砂糖による甘さではないのでスッキリとした甘味の食味に仕上がった。程よい酸味と強いはちみつの香りが口中に広がる。果実の粒々も十分残っているし、果汁とのバランスも良くて、食感はGood。
ネットリベタベタのペーストではなく、サラサラしたトロミの少ないものなのでパンに付けるよりもプレーン・無加糖のヨーグルトに乗せて食べるほうが適していると思う。チーズケーキなどの横に添えても良いだろう。
 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
試食していただいた方にもおおむね好評だ。
甘さがはちみつ由来のものだけというのが一番評価いただいた点だろうか。

ほんとうは、生はちみつの良さを生かすために非加熱の生はちみつを煮上がって粗熱がとれたブルーベリーに単に混ぜ込むだけにしたいのだが、これだと発酵が起こってしまうということがある。生はちみつであるがゆえにふんだんに含まれるその酵素のために、逆に保存性が極めて悪くなってしまうのである。
したがって残念ではあるが『生はちみつの良さ=生きた各種酵素が含まれている』という生はちみつ最大の特長を殺さざるをえず、ブルーベリーの実と一緒に十分に加熱することが求められる。でも味は変わらないので良しとしている。
これで特長の半分が失われることにはなるが、詰めた瓶が破裂(・・それはないにしても発酵して瓶からあふれ出たり)するよりは良い。

試食モニターの方からいただいたご指摘を反映して、より良いコンフィチュール(・・けっしてジャムではない)を作るつもりだ。いずれ商品化できるかもしれない日を夢見て。
水は一切加えていないが数分煮るとこれだけの水分が出てくる
煮るのは5分間ほど

2017年8月12日土曜日

Fresh summer vegetables

採れたての夏野菜たち。色どりも多彩。露地栽培の夏野菜は太陽の味がする。
これらには生命活動に必要なエネルギーがギュッと凝縮されている。

毎日食べる分を収穫し、美味しくいただく。
平凡で代わり映えしない日々だが、こうやって生かされていることの、なんと豊かで幸いなことか。

お盆が始まる。先祖の精霊が帰ってくる。
ご先祖様とこの大自然(の八百万の神)に感謝。




2017年8月10日木曜日

2017 はちみつ初採集

今シーズン初のはちみつの採集を行った。
  〇 〇 〇 〇 〇
昨年までは、暑いさなかに採蜜した巣箱で、すぐあとに巣が落下してしまい、ミツバチ逃去の憂き目にあった巣箱がいくつもあった。その苦い経験があるため、外気温には敏感にならざるを得ない。
昨日までの酷暑が一段落し、今日は暑さによる巣落ちリスクがいくぶんか低いような気がしたため、本日採蜜をした。巣の状態と群れの密度・勢いなどを勘案しながら慎重に採蜜対象巣箱を選定した。
  〇 〇 〇 〇 〇 〇
開いたのはしっかりと巣脾が詰まっている巣箱。
整然と巣脾が対角線で並ぶ姿は、美しく、素晴らしい。
整然と並んだ巣脾・・・す、すばらしい

糖度は80.0%  十分な濃度だ

さっそく濾過開始だ。
我が家では、無理な圧搾や遠心分離は一切行っていない(・・というかそのような設備は無いし、とにかく『垂れ蜜』方式にこだわっているのでやるつもりはさらさら無い)。
巣箱から巣脾を切り出してナイフで細分化し、蜜が出やすくしたうえで、目の粗さが異なる2種の布を使い濾過する。

一次濾過は二重にしたポリエステル布(目の細かな洗濯ネットを使用している)。
二次濾過は厚手の不織布(油濾しにも使用するリードのクッキングペーパーだ)。

これで異物(巣くず・みつばちの死骸など)は完全に除去できる。
下写真で、蜜が染み出ている部分が一時濾過のポリエステル布。蜜貯まりの下が二次濾過のクッキングペーパー。この2回の濾過を経て下のタンクに蜜が貯まる。これを瓶詰することになる。

目の細かい不織布=クッキングペーパーでも蜜に含まれる花粉は通り抜けてくれる。
ために、たっぷりと花粉が含まれるはちみつと相成るわけだ。

丸二日かけてゆっくり、ゆっくり、ゆ~っくり垂らして蜜を得る。
こうやって『玉川里山はちみつ』が姿を現す。

2017年7月31日月曜日

アカリンダニ注意喚起文書

先日、茨城県県北家畜保健衛生所から手紙が届いた。

『西洋ミツバチでアカリンダニ症を確認!』との表題の文書で、今年6月に県北地域で西洋ミツバチでアカリンダニ症を確認、飼育中のミツバチに症状がみられた場合には家畜保健衛生所まで連絡をお願いします、とある。茨城県県北家畜保健衛生所からこのような手紙が届くということは、茨城県でも看過できない事態になってきているのだろう。なんとも困ったことだ。当地ももはや他人ごとではない。

 ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽

ニホンミツバチを飼っている人の大半が見ているであろうサイトが2つあって、小生も毎日のようにアクセスして情報を得ている。非常に参考になるサイトだ。
 ①京都ニホンミツバチ週末養蜂の会が運営する『ミツバチQ&A
 ②ニホンミツバチ飼育の情報交換サイト『8ちゃんねる

これらを見ていると全国各地でニホンミツバチのアカリンダニ被害が発生していて、対策に頭を悩ませているのが良くわかる。
我が家でも、昨年夏から今年の春までに巣箱が空になった・逃げられたというのは、気が付かなかっただけで、アカリンダニの影響があるのかもしれない。
・・・という不安もあって、アカリンダニ予防に良いとされる『クリスタルメントール』は春先に早々に入手してあり、今シーズン入居中の全ての巣箱にセット済みだ。

このアカリンダニ問題は、ニホンミツバチ・西洋ミツバチを問わず、ミツバチが激減してハチミツが採れなくなるという話ではない。花粉受粉する植物、とくに農作物の出来に大きく影響が及ぶことのほうが問題で深刻だ。小生にとってのような趣味や楽しみとしての養蜂ができなくなるということなどは、取るに足らないことで全社会的にみれば極めて些細なこと。だが個人的には精神的なダメージは深刻。間違いなくハチロス症になる。
・・Orz。